OFDMAという特徴

それは、OFDMAで「直角頻度分割チェーン店アクセス」の省略形によって日本人に作る「直角頻度が、多次元接続で別にある」もしもになります。
これを理解するために基本的になっている「直角周波数変調方法」を理解することが、必要です。

彼らが電波に何らかの情報を与えて、それを送る頻繁な広がりを、電波は通常持ちます。
「バンド」は、これを意味します。
言い換えると、特定の頻度の範囲を占有します。
信号に基づいて垂直軸で頻度をとります。

交差した車軸、そして、成ります。
これに絵を作るとき、1以下のチャートを好きです。
「スペクトル」は、これを意味します。

信号に基づいて垂直軸で頻度を表します。
このグラフの十字車軸Aセンター一部は伝達を引き起こすために頻度でこの「搬送波」(キャリヤー)を呼んで、電波によって、頻度を「搬送波頻度」と呼びます。
通常この搬送波頻度でラジオのような頻度を表すが、本当に正面に広がって、後退します。

信号が混ぜられるので、区別を伝えることができません。
信号がstrength.Iが切り離す定数になる限り、他のコミュニケーションとそれを実行する若干の頻度が強い部分が積み上げられるのを防ぐために互いの信号のために必要であります。
したがって、均一性の中で同時にそれを可能な限りのコミュニケーションの数に限定することができます。

copyright(C)「ワイマックス」契約する前に